機密書類を溶かして再生 ecopul(エコパル)

TOP > エコパルの仕組みは?

エコパル、サービスの仕組み。

簡単、安全、クリーンでエコ。あなたの目で確認できます。

【簡単】段ボール箱に密封して、回収スタッフに渡すだけ。

[エコパル]では、専用のダンボールBOXをお預けします。皆さまの作業は、このBOXに機密書類を貯めて、一杯になったら密封していただくだけ。ホチキスの針、ゼムクリップ、とじ紐は付けたままでもOKです。
ご連絡によって回収車がお伺いしますが、ご自身でお持ち込みになることもできます。
  • 金具を使ったバインダーやプラスチック製品など溶解処理に適さないものが混入している場合には、産業廃棄物扱いになるため、契約書の締結などが必要です。詳しくは担当者にご相談ください。
お持ち込みの際には、事前にご連絡を!

機密保持のために、同時に2組のお客さまを施設内にお入れしないルールになっています。お待たせしないために、必ず事前のご連絡・ご予約をお願いいたします。

【安全】BOXは密封されたまま、コンベアで溶解処理へ。

回収された機密書類は、BOXに密封されたままベルトコンベアに載せられ、徹底した監視の下で誰にも手を触れられず、溶解槽(パルパー)に投入されます。
つまり、機密書類は、皆さまが密封した状態のままで溶かされていきますから、機密書類が流出する可能性は0%です。
「即日溶解」だから、さらに安心!
他社の溶解処理サービスでは、書類を倉庫にお預かりし、溶解槽の稼動予定を待って処理されるケースが一般的。製紙メーカーの製造工程を兼ねていたりして、「機密書類の処理」だけを優先できないからです。
[エコパル]では、すべての書類を搬入したその日に溶解処理します。わずかな時間も機密書類を放置状態にしない。それが絶対的な安心につながります。

【確認】目の前で「溶解処理」をご確認いただけます。

機密書類溶解処理棟は何重もの警備システムで守られ、13台の監視カメラで記録されています。また、施設内には「立ち会い確認室」が設けられており、ご自身が持ち込んだBOXがそのまま溶解処理されるのを確認できます。
溶解処理終了後には、「溶解処理証明書」を発行します。さらに「DVD映像」「再資源化証明書」などを提供(有料)することも可能です。

動画でもっと分かる[エコパル]!!


MOVIE.01
厳しいチェック体制

MOVIE.02
開封せずにそのまま溶かす